topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回『かいぬし塾』 - 2012.04.09 Mon

DLC-PROさん主催の『かいぬし塾』第4回、4/1(日)に行ってきた。
講師は【イヌの言い分、ヒトの都合。元ドッグトレーナー、大学へ行く。】のTaKaYaMaさん。

トレーナー辞める宣言されましたね。
辞め辞め詐欺の真相 または、「やっててよかった行動分析 最終回」
何度も頷きながら読んだ。
いちいち同感!
飼い主さんと犬とのコミュニケーションのサポート役を志すかたにもっと増えていってほしい。
一時はいつか自分もそんなことができたらと考えていたけれど、、、。
うーん。まあいつかまた自然に気合を注入できたら、そんな風に思える日もまたくるかな?
来ないかな?(^^;

さて、かいぬし塾の話。
タイトルは「広い世界を見るのだ」
毎度たくさん笑わせてもらい、元気をいただいて帰れるこの講座。
今回は特別勇気をいただけた。
自分の方向性は間違っていないと確信できたから。
ときに迷うこともあるけれど、このまま行こう! と強く思えた。

『弁別』と『般化』、重要ですね。
非常にわかりやすい例を交えての説明に、ふむふむ納得。
デルフィは般化が苦手で弁別が得意。“慣らし”には厄介なタイプ。
でも大変!と思っていても仕方ない。
少しでも楽に生きられるように、飼い主があれこれ工夫して手伝っていきたい。

わたしの“最終目標”
犬が行けるところには、どこへでも連れて行けるようになりたい。
ともにいろんなことを経験したい。
もちろん過度なストレスを感じずに、周囲への迷惑も最小限で。
すごくハードルの高い目標。
でも実現できるさ。
がんばるよ、飼い主は。(^^)
いつかデルフィとともにもっともっと『広い世界を見るのだ』!

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

公開講座 「ヒトとイヌとのコミュニケーション」 雑感 - 2012.03.12 Mon

3/10(土)に法政大学で行われたセミナー「ヒトとイヌとのコミュニケーション -ほめて育てるしつけの盲点-」に参加してきた。
かいぬし塾でお世話になっている高山さんがTwitterでお知らせしてくれたおかげだ。大感謝。
何度ハンマーで頭部ごっつんされる気分になったか。

進行は法政大学の島宗理さん。
まず山本央子さんが最近犬を飼い始めた島宗さんとでQ&A形式で、嫌悪刺激を使わない(使う必要がない)しつけについてお話。
おもしろーい!!
イチ飼い主である私は島宗さん寄り。気持ちわかるわかる~の連続。
疑問・お悩みがの鮮度がいいので、忘れかけている人や経験のない人にも伝わりやすかったはず。

続いてヤマザキ学園のモデル犬たち出演によるデモ。
対犬に吠えが出る子の対応。トリーツの使い方。
ハンドラーは今日初めてその犬たちに接する方々。
これまたわかりやすい。
他人の行いの不足点やミスってよく見える。
自分のことは悲しいくらい見えないのだけど。
山本さんの飼い犬さっちゃんこと察子さんとのシェイピングデモも。

つぎに奥田健次さんが登場。
ビデオで紹介された人間のお子さんの症例のビフォアアフター。
またハンマーがっつん。
ビフォアの辛い様子より、アフターの明るさにこみあげてくるものが・・・。
違うけど同じよね。ヒトもイヌも。
こんなちっぽけなブログですら言葉選びに迷うところだけど。
デルフィを迎えてから、子供のいる友人と“育て”話に花が咲きやすくなった。
頭に描いている対象はヒトの子とイヌの子で、お互いそれぞれ相手の対象は育てた経験がない。
でもわかっちゃう。通じるものは絶対あるんだよね。

その後は杉山尚子さんも加わり、みなさんで座談会。
知識と経験の宝庫のような方々。
賢いかたのお話って、こちらが不勉強でもすっと入ってくる。
うやむや、ケムに巻こうなんて皆無で、真摯に説明しますよって姿勢がクリーンで素敵。
悩みを抱えている飼い主・親にとって、曖昧な何かではなく科学で裏付けされた言葉、しかもすっと落ちてくる言葉で説明してもらえるのはどれだけ救いになるだろう。
しかもみなさん楽しいんだもの。最高。

行動分析学、ますます学びたくて仕方なくなってきた。
知りたくてうずうずする。
イヌ絡みで何かお仕事をしたいという気持ちはなくなったが、学ぶことが楽しいならいいじゃないと思う。
趣味でもいい。先のことは誰にもわからないしね。
その道で活躍されている方に限って、意外にも偶然に導かれその世界に入ったっていう方は多いよね。
何がいつどう転ぶかなんて誰にもわからない!

感じたこと、気になることなどは後日また記事にしていきたい。
本を読まなきゃ。
イヌ関係だけでなく、奥田さんの「叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本」も読んでみよう。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

カートトレーニング その2、その3 - 2012.02.09 Thu

◆ カート練習 2回め

雨の降った翌日。散歩がてらカートで出た。
玄関先で「乗る?」と言うと、乗る乗る♪ そぶり。
カートそのものは好きだよね。

エレベーター待ちは、ちょっと鼻を鳴らす程度。
しかしマンション内の人や物音、鳥の声に対していつもより吠えが出やすい。
抱っこ=リラックス=吠えないトレは、私が思うより効果が出ていたのか。
今度はカート=リラックスにもっていかないと。

外に出ると、当然といえば当然。降りたがる。
左手にリード、右手にカートで歩いてみる。
歩き出しはうれしさと興奮とで突進しがちなので、大変。
このときカートは押すよりも、逆向きにして引くほうが安定するとわかった(カートバッグみたいに)。



お嬢さん、待ってぇ(^^;


車がよく通る道(抜け道とか)、狭い歩道では、左手リード&右手カートは危ない。
広い道や広場、公園のみ降ろすことにする。

散歩コースの歩道では、昨日のあひゃがウソのよう。
景色を見たりニオイを嗅いだりしたいらしく、みずから進行方向に。



むむ、このニオイは・・・


時折立ち上がるものの、意外なほど落ち着いて乗っていた。
ただし吠えはやはり多い。
犬だけでなく、普段は吠えない自転車の人などにも。
ニオイかぎなどに気をとられない分、気になるものが増えるのか。

◆ カート練習 3回め

前日の反省を踏まえ、マンション入り口にカートを置いてしばらく走らせてから乗せる。
本日は駅方向へ。
公園が近くなると降りたくて鼻を鳴らす。
ハトを追いかけ走り回って遊んだあと、駅に向かう。
駅が近くなると察知してあひゃあひゃ言い出した。

駅前の交差点であひゃボリュームはMAX寸前に。
みんな見てる。見てる見てる。すっげー見てる。(^^;;
しれっと「これが普通ですけど何か?」顔をしてみるが、内心バクバク。
さぁて青だ。渡ろう、、、としたところで突如デルフィ脱走を試みた!
カートのフックとリードの2つをつけていたので事なきを得たが・・・。
そうかそんなにイヤなのか。じゃ帰ろう。
帰り道は徐々に落ち着き、あひゃは出なかった。

ひょっとしたら。
デルフィの場合カートで電車乗るのはバッグより厳しいかも。
駅までの道のり、そして駅が・・・。
無理させすぎないよう気をつけながら、のんびりやろうっと。



やっぱり走るのがイチバン!



にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

*profile*

Yasuyo

Author:Yasuyo
【デルフィ】 キャバリア。女の子。
2010/5/12生まれ。6.9kg。
食べる、走る、飼い主のお腹で寝ることが好き

【だんな(Kaz)】 働く男
音楽(Rock)、野球(千葉ロッテマリーンズ)、フェラーリ、旅行、仮面ライダー、黒&赤が好き

【わたし(Yasuyo)】 たまに働く主婦。
わんこ、芝居、ドラマ、音楽、映画、あまいもの、北欧デザイン、ブルーが好き

Twitterで更新をお知らせしています
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
犬ブログ【キャバリア】に参加中

*category*

*calendar*

*mail to Yasuyo*

名前:
メール:
件名:
本文:

*comment*

*link*

search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。